新年のご挨拶

新春のお慶びを申し上げます

新年 明けましておめでとうございます。星友会会員の皆様におかれましては、お健やかに新春をお迎えのことと存じます。昨年は星友会活動に多大なご支援を賜り厚くお礼申し上げますとともに、本年も引き続きご支援を賜りますようお願い申し上げます。

さて、昨年会長職を仰せつかり、その職務の多さに唯唯驚いている間に半年以上が過ぎてしまいました。失敗も多くありましたが、理事や事務局に助けていただきながら大事に至ることなく新年を迎えることができ、感謝の念で一杯です。

その一方でいくつか取り組むべき課題も見えてきたように思います。
第一には、理事として関わってきた時から感じていたことですが、総会並びに懇親会の当番回生の制度です。これまで、部活動の先輩後輩などのつながりで次の回生に受け継がれてきたわけですが、時代の変化というべきか、次の回生につながらないケースが生まれてきつつあります。当番回生としてしっかりと総会懇親会を成功させることは、その後に同期会等で集まるきっかけともなる素晴らしい伝統だと考えておりますが、そこに至るまでに中心となる代表者がなかなか見つからない事態が生まれつつあります。対応するためにも当番回生だけでなく、もっと下の回生までつながりをつくる必要があると思います。

第二には、成人の会の継続的な開催です。これまで成人のお祝い会は、各回生や担任の先生方が判断されて開催されていました。星友会の会員となって初めての節目のお祝いですので星友会としても積極的に関わっていくべきではないかとの思いから、数年前より卒業時の評議員選出に際し、成人の会を開催する場合に星友会もお手伝いする旨を伝え、昨年からお手伝いさせていただいております。今年も1月6日に開催されますが、私や理事も出席いたします。来年度以降も続けていけば、将来、星友会を身近に感じていただけるのではないかと考えております。

第三には、理事並びに事務局の拡充です。限られた人数ですが、皆仲良く星友会の運営にご尽力いただいております。会長としては、頭が下がる思いです。ただ、これも将来を考えると若い回生を含めて増やしていくことが必要ではないかと思います。今年の干支は、「戊戌」です。どちらも「滅」を意味するそうですが、これは次の時代に向けて古い考えを捨て、新しい考えを持つという意味だと思います。同窓会活動においても古い考えに縛られることなく、将来を見据えて新しい考え方も積極的に取り入れながら星友会をより一層発展させていきたいと思います。会員の皆様におかれましては、是非ご助力いただければ幸いです。

まだまだ寒い日が続きます。くれぐれもご自愛いただき、ご健康にてご活躍いただきますようお願い申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

星友会会長 岩崎日出夫(高31)

新着情報

『星友』は星友会の会報誌です。

毎年6月初旬に全会員宛て『星友』を発送しています。
住所のご登録がお済みでない方は、同窓会事務局までお申し出ください。
「星友」には総会・懇親会費の前払い振込票と同窓会維持会費振込票を同封しておりますのでご利用ください。
尚、振込用紙の再発行はいたしかねますのでご了承ください。
※1 維持会費振込は任意となっております。何卒ご協力をお願いいたします。
※2 懇親会は当日会費でもご参加いただけます。受付にてお申し出ください。
  

 

 

平成30年度総会・懇親会のお知らせ

[定例総会]
日時 平成30年8月5日(日)11:00から (10:15受付開始) 予定
場所 神戸ポートピアホテル 和楽の間
[懇親会]
日時 平成30年8月5日(日)12:00から (14:30閉会予定) 予定
場所 神戸ポートピアホテル 偕楽の間
 詳細は6月発送の会報誌『星友』にてお知らせいたします。
※今回は39回生が幹事です。